• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

劇作家

  • 2017年01月25日(水) 22:30:00
  • 奮闘記
劇作家が、長い道を歩いていた。

すると、お腹を空かせた子供に出会った。

劇作家はどうしたものかと考えた。



そこへ優秀な料理人が通りかかった。

料理人は子供にサーモンとトマトとオリーブの入ったサンドウィッチを振舞った。

たちまち子供は笑顔になった。






劇作家はさらに道を歩いた。

すると、無実の罪を着せられて泣いている男に出会った。

劇作家はどうしたものかと考えた。



そこへ優秀な弁護士が通りかかった。

弁護士は陪審員の前で男の無実を見事に立証してみせた。

男は弁護士に感謝し、今度は嬉し涙を流した。






劇作家はさらに道を歩いた。

すると、毒蛇に噛まれて苦しんでいる女に出会った。

劇作家はどうしたものかと考えた。



そこへ優秀な医師が通りかかった。

医師は女に血清を注射した。

女は一命を取りとめ、医師にお礼のキスをした。






劇作家はさらに道を歩いた。

正直なところ、歩くのが苦しくなってきていた。

「どうして自分は歩いているんだろう」と考え始めた。

今まで考えたこともなかったのに。

考え始めた途端、歩くのが苦しくなった。

それでも劇作家は歩いた。






すると、友人に会った。

友人は自殺をしようとしていた。



彼は劇作家以上に、歩くことに意味を見いだせなくなっていたのだ。



劇作家は「今度こそ」と思った。

今度こそ。

今度こそ。

今度こそ。



紙とペンを用意し、戯曲を書いた。

友人のためだけに戯曲を書いた。

死んでほしくない。

台詞やト書きの一文字一文字に、想いを込めた。






一晩かけて、劇作家は戯曲を書き上げた。

100枚に及ぶ大作だった。

友人は何も言わずに戯曲を読んだ。

約2時間、二人は言葉を交わさなかった。



友人は最後の一行まで目を通し、一言、

「おもしろかった。」

と言った。






劇作家は安堵した。

安堵の涙が出た。

泣いている自分が照れくさくて、2秒ほど、ほんの2秒ほど、友人から目をそらした。






その2秒の間に、友人は死んだ。






劇作家は歩くのをやめた。

そして、友人の隣で自分も死ぬことにした。






ナイフを取り出し手首にあてがう。

ナイフが小刻みに震える。



ダメだ。

劇作家の頭を、一つの鮮烈な欲求が支配する。

それは懐かしさにも似た、欲求。



劇作家はその時、自分がある重大な過ちを犯していたことに気が付いた。

そうか。

そうだったんだ。



そして、まだ体温が残っている友人の掌を、包むように握った。





ただ、ただ、手を握った。

コメントを見る(2)

 by い
えほんにもなりそうだ…
 by 河西裕介
>いさん

僕は絵が描けません。誰か描いてほしいです!

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

河西裕介生誕祭兼15 Minutes Made

  • 2016年08月08日(月) 22:07:49
  • 子育て
昨日8月7日は、「河西裕介生誕祭」でした。

例年、世界中が歓喜の渦に包まれる大イベントではありますが、今年は特に凄まじい盛り上がりでした。



生誕祭の前日。

ふとテレビをつけると、南米の方で盛大な式典が行われていました。各国のお調子者たちが、色とりどりの衣装を身に付け、行進していました。

僕は、

「やれやれ。生誕祭は明日だってのに、気が早い奴らだぜ。」

と、思いました。



生誕祭当日。

やはりテレビには異様な光景が映し出されました。

関西の方で、 各都道府県から集結した坊主頭の若い男性たちが、河西裕介の生誕を祝い、汗と涙を流し始めたのです。

さすがの僕も、これには驚きました。

「や……やりすぎだ……
気持ちはわかるが……
くれぐれも、熱中症には気をつけてくれよな!」

と、思いました。



そして、生誕祭から一夜明けた、本日。

テレビをつけると、天皇陛下がお言葉を述べていらっしゃいました。

直接の言及こそなかったものの、
お言葉の端々に、河西裕介を祝福するお気持ちが表れていました。



生誕祭期間中、
Twitter上では、このような意見が飛び交っていました。

「河西裕介にプレゼントを渡したい!」
「渡したいけど、会う機会がない!」
「送りたいけど、住所がわからない!」



そんな皆さんの意見を受けまして、

『河西裕介に誕生日プレゼントを渡す会』

を開催します。

詳細は以下の通りです。



【イベント名】
Mrs.fictions主催
『15 Minutes Made vol.14』

【日時】
8/11(木祝)15:00

【会場】
花まる学習会王子小劇場

【特典】
昨年15 Minutes Madeで上演した戯曲
『ブルーベリー』
(河西裕介サイン入り)

【参加方法】
1.河西裕介へのプレゼントを用意する。
2. こちらのサイト
から、15 Minutes Madeのチケットを予約する。(河西裕介によるアフタートークがある回を予約してください。)
3.当日、15 Minutes Madeを観劇し、河西裕介のアフタートークを堪能する。
4.ロビーをうろうろしている河西裕介に話しかけ、プレゼントを渡す。
5.河西裕介から特典を受け取り、河西裕介の生誕を心から祝福する。



詳細は以上です。

不明な点は、
straw_and_berry_xxx@yahoo.co.jp
もしくは、
河西裕介Twitter(@kasai_nacci)
までお問い合わせください。



くれぐれも、
主催団体Mrs.fictionsさんに問い合わせたりしないでください。



怒られます。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ラストダンス

  • 2016年07月11日(月) 11:30:08
  • 奮闘記
国分寺大人倶楽部
最終公演
『ラストダンス』

明日で終わります。



きちんと終われるというのは、なんだか幸せだなぁと思います。



紗彩が作った舞台美術の上で、
僕が書いた脚本を、
後藤くん、タケ、大竹が演じてる。



こんな幸せなことってあるかい?




作品自体は、解散とか関係なく、ただただ丁寧に人間を描きました。

「解散公演だから観れて良かった」
とか、
「4人の最後の姿を見れて良かった」
とか、

どーでもいいぜそんな事柄。

マジで。



やっぱり最後とか関係ないです。

『ラストダンス』は僕の最高傑作です。

最高の作品ができたので、僕たちは解散します。

今日か明日。
観に来てください。



国分寺大人倶楽部ホームページ



コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。