FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

同じ内容で違う表現

  • 2012年08月03日(金) 10:22:59
  • 子育て
やあ。
河西だよ。

みんな元気?


今日はファンのみんなにお知らせがあるよ。

演劇動画のコンテスト、「クォータースターコンテスト」に参加しています。
「観客選出賞」があるので、皆さん今すぐ動画を見て、YouTubeのグッドボタンを押し、ツイッターでツイートし、フェイスブックで「いいね!」をしてください。

今すぐしてください。
必ず、必ずしてください。

そしてこの動画を3日以内に5人におすすめしてください。
しないと呪われます。

これがその動画↓
河西裕介(国分寺大人倶楽部)『バースデー』/QSCエントリー動画

ちなみに、これは僕がインタビューを受けた時の様子↓
クォータースターコンテスト4劇団会議

僕の知り合いの知り合いのSくんは、この動画を広めなかったばかりに、呪われてしまい、鼻の穴がつながって一つになりました。

気を付けてください。





さて。

話はガラッと変わりまして。

先日、今はもう全く使っていないmixiにログインしてみました。
昔自分が書いた日記を読み返してみたら、おもしろい記事がありました。
学生のころ書いた記事です。
まだ演劇やってなくて、バンドをしていたころです。
最後のくだりが秀逸でしたので、紹介します。



↓以下、6年前のmixi日記より↓



『同じ内容で違う表現』

同じ内容の日記が、書き方によっていかに変わるかを楽しんでください。



             日記①

6月10日

大学の学園祭で、バンド演奏をしました。
けっこう盛り上がって、
僕は歌いながら腰を振ったりしちゃいました(笑)


打ち上げは、安くておいしい一休に行きました☆
僕たちは一休の常連なので、いつものように

「生ビール」
「チキンバスケット」
「ひき肉もやし炒め」
「ネギトロキムチ」

などを注文しました。

たくさん飲み食いしたのに、超安かったです♪♪

その後、後輩の康太の家で二次会をして、なんと朝まで飲んじゃいました☆(笑)


6月11日

9時に起きて学校に行き、

「バナナマン・江戸むらさき お笑いライブ」

を観ました。大爆笑でした!!

「和泉元彌狂言ライブ」

も観ました。伝統芸能もなかなかおもしろいなあと思いました。


さらに、友人の女の子のバンドを見て写真を撮ったり、

フランクフルトを友人に買ってあげたりした後、

立川に遊びに行きました。


夜帰宅して、風邪を引かないように手を洗いました☆

おしまい






              日記②

6月10日

大学という公教育の場で、周囲の迷惑も省みず大音量で音楽を鳴らし、嫌がる婦女子の前で、下半身を露悪的に強調した動きをした。

その後、
少しでも安価に済ませようという卑しい大衆心理と、
「いつも行っているから」
という救いようのないほど安直で惰性にまみれた発想から、
安い居酒屋一休に行った。

まず僕たちは「生ビール」を注文し、ドイツワールドカップに影響される愚鈍な大衆であることを露呈した。

「チキンバスケット」を注文しては鶏の命を奪い、

「ひき肉もやし炒め」を注文しては豚の命を奪い、

「ネギトロキムチ」を注文してはマグロの命を奪い、韓流ブームに踊らされる愚鈍な大衆ぶりを強調した。

こうして、打ち上げという名の大量殺戮を実行した僕らは、
命の代償としてはあまりに低額の現金を置いて一休を去った。


さて、ここで一つ、日本の悪しき伝統を紹介しよう。

「年功序列」

そう、年齢や勤続年数の多少によって地位の上下をつけるという、悪しき風習である。

この縦割り制度が社会に与えてきた弊害の数々は、いまさら説明するまでもないだろう。

その年功序列というシステムが僕らを支配し、後輩である康太の下宿先に、半強制的に押しかけた。

そして朝まで彼の家を占拠した。


6月11日

9時という、
古来日本では「苦」を連想する不吉な数字とされてきた時刻に起床し、大学へ行った。

人に笑われることで金銭を得る道化たちを見てあざ笑った後、

ナショナリズム(天皇制ファシズムが日本を狂わせたあの暗黒の時代を思わせる。)の象徴とも見える、日本の伝統芸能「狂言」を見た。


さらに、

体育館で女子を盗撮し、

いやがる女子の口に無理矢理棒状のものを押し込み、

「西の歌舞伎町」と呼ばれるダークシティーに行った。


夜帰宅し、

かのナチスドイツもユダヤ人大量虐殺の際に使用した部位

「手」

に、ヌメヌメギトギトドロドロの白濁液をぬりこみ、

かのヒットラーものどが渇いたら飲んだであろう悪魔の液体

「水」

で洗い流したのであった。

スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。