FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

お正月をダニエルと過ごした

  • 2010年01月05日(火) 13:31:23
  • 子育て
河西ファンのみんな、
明けましておめでとうございます。

今年も河西裕介と、国分寺大人倶楽部と、ダニエルをよろしくお願い致します。



・・・さて。
今年のお正月は、とってもとっても楽しかったです。
年越しの瞬間にまさかの爆笑ハプニングがあったし、3日に行った初詣では、おみくじで・・・

今日はそんなおもしろエピソードの数々を、皆さんに紹介しようと思います!



まず、年越しの瞬間は、ダニエルの家で過ごしました。

これまでお正月は毎年実家に帰っていたのですが、今年は
「親に合わせる顔が無い」
という理由で、東京で過ごすことにしていました。
そんな僕に気をつかってくれた、優しいダニエル。
彼は実家の秋田に帰る予定をキャンセルして、僕と一緒に過ごしてくれました。

登戸に住んでいるダニエルの兄、グングニエルも来ました。
グングニエルはまだ27歳なんですが、すでに結婚していて、奥さんのマンモルニエルと一緒に暮らしています。

ここでちょっと、僕たちの微妙な関係性について説明します。

もともと僕はマンモルニエルと知り合いでした。
6年前に合コンでマンモルニエルと知り合い、その後何回か夜を共にし、マンモルニエルに紹介してもらう形でグングニエルと知り合い、(グングニエルはマンモルニエルのバイト先の後輩)3人で遊ぶようになり、気付いたらグングニエルはマンモルニエルと付き合っており、その後まあいろいろあって、グングニエルの弟ダニエルが演劇に興味があるということで、国分寺大人倶楽部の公演を観に来てくれて、その時に軽く飲んで、ダニエルと僕はベロンベロンに酔っ払い、一夜を共にし、ちょくちょく飲むようになり、今ではお正月を一緒に過ごすほどの仲なのです。

ぶっちゃけ、僕は最初、グングニエルのことが嫌いでした。
マンモルニエルに僕以外の男がいたという時点でショックでしたし、何より、グングニエルがいつもパンパースニエルの話ばかりするのが嫌でした。

パンパースニエルはグングニエルの友人で、雑誌のモデルをやっています。僕は一度だけパンパースニエルに会ったことがあるのですが、とてもかっこよかったです。背が186cmもあるのに顔が小さくて、「やっぱりモデルさんってすごいな。」と思いました。

だけど、すごいのはパンパースニエルであって、グングニエルはただの友人に過ぎません。それなのに自分のことのようにパンパースニエルの自慢話をしてくるグングニエルの態度は、本当に嫌いでした。だから、僕とマンモルニエルに肉体関係があったという事実をグングニエルが知った時の彼の落ち込みよう、あれは傑作でしたね。ざまあみろと思いましたよ。

まあ、その後グングニエルとは和解しましたけどね。
今となっては笑い話です。

グングニエル・マンモルニエル夫妻は、おせち料理を持参していました。
料理の苦手なマンモルニエルにしてはよくできているなあ、と思っていたら、なんと、マンモルニエルじゃなくて、センチメンタニエルが作ったものだと判明しました!(笑)
センチメンタニエルはマンモルニエルの友達です。専門学校で一緒だったらしいです。センチメンタニエルはお菓子作りが趣味です。皆さんも一度、彼女の作ったタルトを食べてみてください。絶品です。
鷺宮にあるラーメン屋でセンチメンタニエルはバイトをしていて、そこで彼女のタルトも食べることが出来ます。おすすめです。ぜひ。

話がそれました。
そんなわけで、マンモルニエルが作ったふうを装ったセンチメンタニエル作のおせちをおいしくいただきながら、紅白歌合戦を観ました。

僕は家のテレビが壊れているので、久しぶりのテレビ観賞でした。知らない歌手ばっかりでしたから、その都度ダニエルに
「これは誰?」
「あれは誰?」
と質問をしていたら、ダニエルは迷惑そうな顔をしました。
そこで僕は、フェルナンデスニエルの話をしました。
フェルナンデスニエルは僕たちの共通の友人で、今は就職して仙台にいるのですが、こいつがなかなかのおもしろキャラなんです。

酔っ払って湖に飛び込んだ話とか、就職試験でうんこをもらした話とか、とにかくフェルナンデスニエルの話をすれば場が盛り上がるんです。
今回もフェルナンデスニエルのおかげで、ダニエルのご機嫌を直すことが出来ました。
ダニエルだけでなく、グングニエルとマンモルニエルも笑っていたし、グングニエルがまたしてもパンパースニエルの話をしようとした際、僕がフェルナンデスニエルの話をしてそれを阻止し、マンモルニエルがセンチメンタニエルにおせち作りを頼んだ事実をからかったりして、大盛り上がりでした。まあ、フェルナンデスニエルなんかよりパンパースニエルのほうがすごいんだろうけど、こういう場ではフェルナンデスニエルの話のほうが盛り上がるのですね。
ありがとう、フェルナンデスニエル。

そうこうしているうちに、僕の大学時代の友人、クスリノノミスギデギャクニタイチョウワルニエルと、彼の恋人アケミが来ました。
差し入れに、サケノムニエルをくれました。

クスリノノミスギデギャクニタイチョウワルニエルは、サークルが僕と一緒で、しかも出身が






あ、




そろそろ稽古に行く時間なので、続きはまた今度書きます。




実はねぇ、来週末に国分寺大人倶楽部の公演があるんですよ。
絶対に、絶対に観て欲しいです。

------------------------------------------------------

国分寺大人倶楽部
第6回公演
『ガールフレンド』
脚本・演出 河西裕介
2010.1.14(Thu)-1.18(Mon)
王子小劇場

ガールチラシ表

「僕たちのガールフレンドを紹介します。」

僕たちは男3人で暮らしています。
豚小屋のように汚い、暗くて狭いアパートです。

この部屋に住み始めた頃、僕たちには夢がありました。
今はもう、ありません。どこかへ置いてきてしまいました。

夢をなくした代わりに、僕たちにガールフレンドができました。
とってもかわいい女の子です。

・・・なんでかな、その娘はいつも、手が冷たいんです。
人間じゃないみたいに。

■出演
後藤剛範(害獣芝居) 江ばら大介(elePHANTMoon) 井龍子 
永島敬三 石澤彩美 志水衿子(ろりえ) えみりーゆうな 河西裕介

■公演日程
1/14(木) 19:30~★
1/15(金) 19:30~★
1/16(土) 14:30~/19:30~
1/17(日) 14:30~/19:30~
1/18(月) 14:30~★/19:00~★
★の回は、終演後、短編『マイケル寂聴』(約10分)を上演します。

■チケット料金
【前売】 2800円 【当日】3000円
(日時指定・全席自由席)

-------------------------------------------------------------


最後に念のため書いておきますが・・・



決して台本が書けなくて頭が狂ったわけではありません。



決して。
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。