FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

幻なんかじゃない

  • 2015年06月12日(金) 10:33:23
  • 奮闘記
あのさ。

2月にやった『ワンダーランド』ね、あれ、
ラストシーン(僕が出てたシーン)が、ビックリするぐらい不評だったんです。

どんぐらい不評だったかっていうと、
「むちゃくちゃおもしろかった!!」って言ってくれた人でさえ、僕が、
「ラストシーンは評判悪いんですよー。」って言うと、
「ああ……確かにラストシーンはいらなかったね……」と苦笑いするぐらい、
そんぐらい不評でした。

僕としては、あのシーンをやりたいがために2時間の物語を書いたわけで。

リハーサルの時、演出助手の子に僕の役をやってもらい、
僕は客席からそのシーンを見てたんだけど、
「あ、こんなシーンを書けるんなら、俺はまだまだ作家として大丈夫だ」
とまで思ったわけで。



……もう、笑うしかないよね。笑



まあ、それは別にどうでもいいんだけど、(←よくない)
ちょっとさ、変なことに気づいてしまって。

僕は今まで、明確な「ヒロイン」がいる芝居を6本書いてきました。
(絵美里、メリー、ナナ、かすみ、まりや、きょうこ)

んで、なんと、そのうち4人が幻だったり妄想だったり、っていう話だったんです。

これは意識してそうしていたわけじゃありません。
気付いたら、そんなヒロインばかり書いてました。
(かすみとまりやだって、広い意味では幻でした。)



なんだかなー。
気持ち悪りーよな。僕の女性観。



確かにさ、
男にとって女の子は幻なのだけど、
でも、そろそろそれを超えた次元に行かないと、成長できないんじゃね?

本当に僕が見たいのは、幻なんかじゃないんじゃね?



あのね。

今回のファイトアローンはね、そんな気分で書いたの。

だからさ、
「Straw&Berry(国分寺大人倶楽部)のお芝居好きだけど、今回は短編だし、観なくていいやー」
と思ってるそこのあなた。
そう、あなたのことですよ、あなた。
そんなあなたに観て欲しいんだ。マジで。

あと7ステージしかありません。
しかも土日のステージは明後日でおしまい。

観に来てください。

たった5文字の言葉を伝えるための演劇。
男の子が成長するための演劇。




エムキチビートひとり芝居企画
『Fight Alone 5th』

【会場】
エビス駅前バー

【日時】
※河西作品の上演日は、下記の通りです。
2015年6月
5日(金)19:00
8日(月)21:00
12日(金)19:00
13日(土)18:00
14日(日)16:00
19日(金)19:00
22日(月)21:00
26日(金)21:00
29日(月)21:00

【作品内容】

『アローン』

僕は一人で戦えるほど強い人間じゃなくて、
今日だって君が好きだった駅前のバーで、
君が好きだったカシスソーダを飲んで、
15分だけでいいから会いたいなーなんて、

あ、いや、やっぱ15分じゃ足りねーよバーカ。

君の彼氏を殺したい。
ファイト、アローン。

【出演】
国立モチコ(もぴプロジェクト)

【詳細】
Fight Alone 5th公式ページ
※このページで詳細を見てもいいけど、予約するときは下記のリンクからしてください!そうすると僕に収入が入るシステムです!劇作家といえど人間です!収入がないと死にます!

【ご予約】
予約フォーム(河西裕介)
※予約はこのフォームからお願いします!河西と言えど人間です!収入がないと死にます!



幻なんかじゃ、ない。
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。