FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

ワンダーランド第2話【朔】

  • 2014年08月24日(日) 23:59:37
  • 奮闘記
8月24日(日)天気:晴れ

今日は上野の変な模型の展示をパータリプトラちゃんと観に行きました。
僕は正直よくわからなかったのだけど、
東京タワーが怪獣にぶち壊されている箱庭みたいのを見たり、
僕の嫌いな西荻窪駅がすごく小さい箱庭でリアルに再現されていたりして、
わりと楽しかったです。

熱帯モンスーン気候(Am気候)ちゃんは、珍しく沿ドニエストル風の洋服を着ていて、
伊達メガネなんかをかけていて、
めがねっこフェチの僕としては、
「ああ、もう、どうにもたまらん。」
という心持ちでした。

そのあと二人は沿ドニエストルとモルドバの国境問題について朝までしゃべりました。

議論自体もとてもエキサイティンッッ!!だったのだけど、
そんなことより、
僕は、チェルノーゼムちゃんと手をつないで歩いたことが、
何よりも印象的でした。
パンパもグランチャコもメサもビュートも、
「手をつなぐ」という行為の前には所詮地理Bの用語で、
「手をつなぐ」よりも尊い事柄がはたしてこの世に存在するのか、
僕はそのことを考えながら、
黄色い電車に乗って家に帰るのでした。

タクラマカン砂漠ちゃんは、
そんな僕の考えなどしらず、
ただただ子供みたいに、
「河西くん、手をつなぐの、地味に嬉しかった(汗)」
などという、メールを、送ってくるのでした。

僕は、
「もうどうにでもなれぃ!!!!!!!」
とゆう状態になってしまって、
ただただ、ユーチューブで動画を見ました。

明日もコルホーズソフホーズちゃんの笑顔が見られれば、
これ以上の幸せはないのです。

終わり

【以上、供述調書より、原文ママ】

スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。