• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

子育て奮闘記2

  • 2013年01月24日(木) 00:13:28
  • 子育て
3京4921兆5422億人の河西ファンのみんな、こんばんは!
僕だよ!


以前の記事でも書きましたが、僕は独身で子供もいません。

ブログタイトルのせいで、
「河西さんて、お子さんいらっしゃるんですか?」
と、たまに聞かれますが、
いいえ、いません。

ただ、将来の子供の名前はすでに考えています。

長女は、以前の記事にも書いた通り、「おかゆ」です。
理由は、響きがかわいいからです。

そして次女は、こないだ、お正月に思いついたのですが、
「おせち」
にしようと考えています。

河西おせち


……うわああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
かーわーいいぃぃーーーーーー!!!!!

最高にかわいい名前ですよ、これ!!!!


さっそく、おせちとの暮らしを妄想してみました。


---------------------------------------------



元日から妻がスロットに行っているので、おせちとおかゆと三人で初詣でに行った。
おかゆは高校三年生。もうすぐセンター試験だ。
私はおかゆに合格祈願のお守りを買い与えた。

妹のおせちは高校一年生。
遊びたい盛りらしく、服装も最近派手になってきている。
今日も冬だというのにミニスカートをはいている。
まったく、はしたない娘だ。
私が育て方を間違えたのか。

そんなことを考えながら、参拝客の列に並んでいると、
EXILE風の若い男が、私たちに近づいてきた。

「よォ、おせちじゃん!」
「タカシくん!」

タカシと呼ばれたその男は、なれなれしくおせちの肩をポンと叩いた。

「初詣で?」
「うん、家族で。」
「あ……」

一瞬気まずい空気が流れた後、おせちが私に紹介した。

「お付き合いしている、タカシくん。」
「ども……初めましてッス、お父さん。」

私は戸惑いながらもこう言った。

「初めまして。おせちの父です。タカシくん、どうだい、うちでご飯でも食べていかないかい?」
「え……マジすか?」
「ああ、マジさ。マジだとも。」

自分でもなぜそんなことを言ったのかわからない。

ともかく、私たち四人の気まずい会食が始まった。


EXILE風のこの男は、室内でも帽子をかぶっている。
浅黒い肌は、地黒だろうか。
それとも、私が昔劇団をやっていたころ劇団員だった後藤君のように、「日焼けサロン」という施設で焼いているのだろうか。


無言の時間が過ぎていく。


気を利かせたおかゆが口を開く。

「あ、お父さん、おせちの残り食べようよ!」

妻が買ってきた出来合いのおせち料理が、台所にあった。

私は言った。
「タカシくん、おせち、食べるかい?」
EXILE風の男は、ヘヘッと笑ってこう言った。







「おせち、いただきます。二つの意味で。」






私はショックで気を失った。








気が付くと、EXILEはもうおらず、妻が帰宅していた。

「あなた、スロットで3万勝ったから、焼肉に行きましょうよ!」

私たち家族は、行きつけの牛角へ行った。
おせちは、ムシャムシャと肉をほおばりながら、
「あたし、三食焼肉でも構わない!」
と笑った。

私に似て、おせちは肉欲が強い。






「血は争えないな。」
と、思った。
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

大切なお知らせ

  • 2013年01月20日(日) 15:56:14
  • 子育て
いつも温かいご声援ありがとうございます。
今日はファンの皆さんに、大切なお知らせがあります。

信州の田舎から上京して10年、僕は、がむしゃらに走り続けてきました。
特に、演劇を始めてからの6年間は、前だけを見て周りが見えず、人に迷惑をかけることもありました。
不安に押しつぶされそうな時もありました。

それでも10年間やってこられたのは、応援してくれるファンの皆さんや、支えてくれる仲間たちがいたからです。
いくら感謝してもしきれないくらいです。
ありがとうございます。




さて。

このたび、ある一つの区切りをつけるために、
大きな決断をしました。







私、河西裕介は、

身近な人たちと話し合った結果、

長年慣れ親しんだこの土地を離れることにしました。







すでに引っ越しは終えており、今は新たな地でこの文章を書いています。
事後報告になってしまい、申し訳ございません。

思い出が詰まった部屋を出るのは、胸が締め付けられました。
東京の街が、涙でにじんでいました。


僕は、

「TOKYO。狂った街。いつからだろう?なくしたPassion。」

と、大好きな清春さんの詩をつぶやき、部屋をあとにしました。



-------------------------------------------------

※注
(賢明な読者諸君であれば、もう薄々感づいているだろうが、今回のオチは、とても安易だ。
 なのでもうこのへんでオチにいくこととしよう。)


-------------------------------------------------


長年慣れ親しんだ地をあとにした僕は、大きな荷物を背負い、夕焼けの街を歩いた。

もう振り返らない。

涙も見せない。

そう心に誓い、200メートルほど歩いた。

そして着いた。

新たな住処に……









徒歩3分ぐらいの場所に引っ越しました。
新居は広くて快適だお(*^_^*)
 

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。