• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

コンドームとシュシュ

  • 2011年06月23日(木) 03:00:48
  • 子育て
お久しブリブリうんち!
河西だよ!

今日の日記は真面目な上に、劇を観ていない人にはまったく意味のわからない内容です。読んでも時間の無駄ですので、今すぐ画面を閉じて、ボランティア活動でもしてください。


そんなわけで、
国分寺大人倶楽部『リミックス2』、
怪我人を一人出して終演いたしました。

今回も、おもしろい劇が作れました。

関わってくれたすべての人間ども、ありがとうございました。
皆さん、愛してるよ。
今度生殖器の見せ合いっこしよう!!


さて。
作品について作品外で語るのは野暮だと思うんですが、
今回だけはちょっと語ってみようかと思います。


【ストロベリーremix】
一番国分寺大人倶楽部らしい作品。
鉄板。
だから今回の一発目を飾る作品としてはベストでした。
これでお客さんの心をつかんじゃえば、あとはいける。
よくこんなうまい脚本考えついたよなー俺。俺すげえわ。才能あるわー。
残念だったのは、この脚本を上演するのがもう3回目だってこと。
ほとんどのお客さんがオチを知って観てた。
何の先入観も無しに観てほしい作品なのだけど。

【ガールフレンドremix】
国分寺大人倶楽部らしくない作品。
でも本当は国分寺大人倶楽部らしい作品。
俺は大好き。
今回は元の作品よりもデフォルメしました。
4コマ漫画みたいに書いた。
「起承転結」がはっきりしてて、ストーリー作りの教則本に載ってるようなベタな構造。
狙って笑わせて、狙って泣かせた。
一番苦労したけど、とにかく僕はこの作品の温もりと優しさが大好きなんです。
優しいから大好きなんです。

【グロテスクremix】
今流行りのオシャレ演劇に挑戦してみました。
「オシャレ演劇にはオシャレ演劇なりの難しさがあるんだろうな」
と思って作り始めたら、ぜんぜん簡単でした。
一番最初に完成したのがこの作品だったし、稽古も順調でした。
ちなみに元の『グロテスク』とはぜんぜん違う話です。
でも核の部分は変えてません。
稽古でも本番でも、ずっとニヤニヤしながら観てました。
悪趣味の極致。ニヤニヤしちゃう。

【ホテルロンドンremix】
本番前日に脚本が上がりました。
そして、この作品をラストに持ってくるのは賭けでした。
でも、本番直前になって、
「あ、この作品がつまんないって言われても、別にいいやー」
って思えて、これで行こうと決心しました。
二人の役者さんのおかげです。
ありがとう。
お客さん、つまんなかったらごめんなさい。
でも、もしかしたら、これは僕の最高傑作かもしれない。
つまんなかったらごめんなさい。
ごめんなさい。
僕にとって、あまりに切実な作品だったのです。



そんな感じでした。
楽しかったです。


ちょっと疲れているのと、今日は胸がいっぱいなので、
このへんで日記を終えます。



おやすみ。


ふとん。

かみのけ。

クーラー。

手。

手。

手。

なみだ。

夕焼け。

お祭り。

汗。

汗。

汗。


コンドームとシュシュ。

スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。