• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ジブリ作品を1個も観たことない俺が想像するジブリ作品

  • 2011年03月12日(土) 15:13:37
  • 子育て

ファンのみんな、おひさしトランクス!

「おちんちん丸出し人間」の異名を持つ、河西です。


突然ですが、僕の職業は物書きです。
それ以外何もできません。
だから、不謹慎と言われようがなんだろうが、今日も僕は文章を綴ります。



さて。

これを言うとたいてい驚かれるのですが、僕は生まれて一度も「スタジオジブリ」の作品を観たことがありません。

なぜジブリを観ずに27年間過ごしてきたのか、理由はわかりません。親の教育方針だったのかもしれませんし、たまたま機会に恵まれなかっただけかもしれません。とにかく、マジで1個も観たことないんです。

そこで今日は、
「ジブリ作品を1個も観たことない俺が想像するジブリ作品」
を綴ってみようと思います。
ジブリファンの方、どうか怒らないでください。

ではスタート。



1.俺が想像する『となりのトトロ』

ある日、サツキとメイの姉妹が森で遊んでいると、伝説上の生物「トトロ」に遭遇しました。
トトロはこう言いました。

「人間による自然破壊が進んでいて、僕たちの住む空間がなくなってきているトロ。来年この森がダムの底に沈んだら、僕たちトトロは絶滅してしまうトロ。どうかそのことを大人たちに伝えて欲しいトロ。」

その夜。
サツキとメイは父親に訴えました。

「お父さん、お願い、ダム建設計画を白紙に戻して!」

そうです。
サツキとメイの父親こそが、ダム建設推進派の市長、ムスカーなのです!

ムスカーは言いました。

「トトロ?そんなもの実在するわけがないだろう。ほら、もう遅いから寝なさい。」

しかしサツキとメイは引き下がりません。

「トトロは本当にいるんだよ!嘘だと思うなら、今から森に行って見せてあげるよ!」

そうしてサツキとメイとムスカーはトトロの森に向かいました。
30分ほど森を散策しましたが、トトロに会うことはできず、あきらめて帰ろうとした、その時。

「あ!トトロ!」

メイが指差したその先には、数匹のトトロが群れていました。

「ほらほら、父さん、あそこにトトロがいるよ!」

しかしムスカーは怪訝な顔でこう答えます。

「何を言ってるんだ。あれはただの真っ黒々介じゃないか。」

なんということでしょう。
トトロは20歳未満の者にしか見ることができないのでした。
20歳以上の者が見ても、ただの真っ黒々介にしか見えないのでした。

「糞・・・!いったいどうしたらいいのかしら・・・」

サツキとメイは頭を抱えてしまいました。

その時。
突然朝が訪れたのかと錯覚するほど、強烈な光が森を包みました。

「・・・!?」

光の正体は真っ赤な炎でした。
森全体を恐ろしい炎が覆っていたのでした。

「いったいこれは・・・!?」

3人が困惑していると、1匹のトトロが口を開きました。

「森の・・・森の神様が怒ってるトロ!」

なんと火事の原因は森の神の怒りだったのです。

「さあ、この猫の形をしたバスに乗って逃げるトロ!」

3人は、トトロが用意してくれた、変な猫の形をした変なバスに飛び乗りました。

「トトロたちも乗りましょうよ!」
「それはできないトロ。」
「ど、どうして!?」
「僕たちトトロは森から出ると溶けて消えちゃうんだトロ。だから、3人だけで逃げるトロ。」
「そんな・・・!トトロを見殺しになんてできないよ!」
「僕たちのこと・・・忘れないでトロ・・・」
「トトローーーーーー!!!!!!」

サツキとメイは変な猫の形をした変なバスから飛び降りようとしましたが、ムスカーがそれを制します。

「さあ。もういいだろう。行こう。」

泣きすがる二人を見たトトロたちは、ニッコリと微笑み、ギターとドラムとトランペットとサックスを用意しました。
そして、軽快な音楽を奏で始めました。
サツキとメイはその音楽に聴き惚れました。

「・・・この・・・この特徴的なリズム・・・メインの拍子と拍子の間にアクセントがつくいわゆる「裏打ち」のスタイルをとり、「スチャッ、スチャッ」という独特なリズムが聴く者に高揚感をもたらす・・・この音楽はいったい・・・?」
「これは僕たちの大好きな音楽トロ。これを聴いたら僕たちのことを思い出して欲しいトロ。」
「・・・いったい・・・この音楽のジャンルは何というの!?」

炎に包まれ、薄れゆく意識の中、トトロは答えました。





「スカ・・・トロ・・・」





「ト、ト、トトロォォォォォォォォォォォーーー!!」





・・・


翌日。
定例市議会の場で、ムスカーは発言しました。

「ダム建設計画を、白紙に戻したいと思います!」

どよめく場内。
傍聴席にいるサツキとメイに、ムスカーは小さくウィンクをしました。

「よかったね、トトロ。」


めでたしめでたし。






2.俺が想像する『もののけ姫』

人間と狼の間に産まれた子供「足利」は、やがて成長して「もののけ姫」となり、山の神と手を組んで、ダム建設推進派の人間どもをやっつけたのでした。めでたしめでたし。




・・・いかがでしたか。
だいたい合ってますか?
本当はあと2話くらい書く予定だったんですが、面倒くさくなったのでやめます。

それでは皆さんさようなら。



【余談】

国分寺大人倶楽部『ホテルロンドン』、終演いたしました。
おかげさまで全ステージ完売御礼でした。心からお礼申し上げます。
次回は、番外公演『リミックス2』を6月に予定しています。


【余談の余談】

がんばれ。生きろ。前を向け。
スポンサーサイト

コメントを見る(2)

アニメ同好会(名前検討中 映画同好会(名前検討中 by 村石太マン
トトロは 絵本のような映画で 大人が見ても 童心に帰れるような感じかなぁ
親と子 姉妹 家族愛 そして 田舎 いい映画ですね。
もののけ姫 乙事主が タタリ神になりそうな 葛藤の場面 が 僕の人生の教訓の一つにもなります。では 怒りを どうするかという問題もありますが。
千と千尋の神隠し 顔なしが 人の欲望を試すのかなぁ?
ダムの話は ないですけれど ダム問題も 大事な話ですね
ジブリ作品 おもしろいので お勧めですよ。
津波による 震災 恐ろしかったですね。自然と人の生きる場所 地球と人類
人の助け合い 震災地の方 お見舞い申し上げます。自分が生きるという時間の中で 人を助けるというのは なかなか 難しいです?人を救う気持ち 僕は
少しの募金ぐらいできるかなぁ
No title by 多摩地区の秘密兵器河西裕介
>村石太マンさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
つまり、だいたい合ってるということですね!

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。