• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

お蔵入り日記集1

  • 2010年12月16日(木) 19:51:53
  • 子育て
1億3千万の河西ファンのみんな、こんばんは。
信州の近藤正彦こと、河西です。

今日はとある理由でお蔵入りになった日記を公開します。
(正確には1日だけ公開したのですが、とある理由で削除したのでした)

今年の7月に書いた日記です。
当時は諸事情によりお蔵入りとなったのですが、今なら問題ありません。

僕の溢れる文才を堪能してください。


------------------------------------------------------------

皆さん、こんにちは。
暑い日々が続きますが、いかがお過ごしですか。

なんにも無いちっぽけな私が、日記を綴りたいと思います。
誠心誠意、真心を込めて綴ります。
つまらない文章ですが、どうか皆さん、最後までお付き合い願います。



唐突ですが、今年の夏の目標は、
「チャラチャラする」
であります。

もしも私が漫画の登場人物でしたら、
「チャラ!チャラ!チャラアアアアアーーーーーッッッッッッッ!!」
という擬音と共に描かれるぐらい、そのぐらいチャラチャラしたいのです。



そんなわけで先週、男女でチャラチャラ海へ行きました。

さっそく私は、ポケットに小銭を忍ばせて、
「チャラチャラ!」
と音を立てながら、ビーチへ向かいました。



チャラ男への導入としては、成功だったと思います。

反省点は、小型のスピーカーを持参して「湘南の風」といった若者が好む、いわゆる「和製ヒップホップ」を流さなかった点です。

さらに根本的な問題として、そもそも私が行った海は「湘南」ではなく、「静岡県の伊東」だったのです。
チャラチャラした人は大変少なく、家族連れなどが多かったです。

私は、
「家族連れの前でチャラチャラすることはできない」
と思ってしまいました。悔しいです。

良かった点は次回に活かし、反省点は改善しようと思います。



東京に戻ってきた私は、チャラい若者の基本である、
「宅飲み」
を行いました。

「宅飲み」
を知らない人のために説明します。
「宅飲み」とは、チャラい若者が多用する「略語」の一つであります。
略さずに言うと、

【住「宅」地になる予定だったこの場所ですが、周辺住民の反対運動により、マンション建設計画が白紙に戻ったんです…そんな話をしてくれた彼は「飲」料メーカー勤務の35歳、独身、年収800万円、車は2台所有、好きな色は黒、好きな指は中指、好きなひらがなは「み」。】

となりますが、これは長いので暗記する必要はありません。

簡単に、

【自「宅」で行う「飲み」会】

と覚えてください。(本来の語源とは異なりますが、初心者のうちはこの覚え方で問題ありません。)



私はチャラい友人たち(もちろん男女です)と宅飲みをし、
翌日チャラチャラ目覚め、
チャラい人なら必ず視聴するであろうテレビ番組「スッキリ」を視聴し、
チャラいファミレス「サイゼリヤ」でチャラチャラ昼食を摂り、
「夏だし、運動しようぜ!」
などという実にチャラい動機で、チャラ男の聖地「ラウンドワン」に向かいました。もちろん移動は「バイクで2ケツ」というチャラい手段です。
チャラ男なら一度はやりたいスポーツ「卓球」を存分に楽しんだ私達は、
「汗をかいたから、お風呂に入りたい」
という、完全にチャランポランの発想で、「お風呂の王様」というスーパー(チャラチャラ)銭湯に行きました。
そして極めつけは、チャラ男の主食である「焼肉」を喰いました。



そして。


…ついに私はやってしまいました。



昨日のことです。
私は散髪に行きました。

チャラい美容師に勧められるまま、伝説のチャラい髪型、
「ツーブロック」
にしてしまったのです!!



正直、今は達成感よりも、不安のほうが大きいです。

これから私はこの髪型を背負って生きていかねばならない。
まわりの期待にこたえなければならない。
チャラチャラし続けなければならない。

プレッシャーに押しつぶされそうですが、私は常に挑戦をやめません。

私を応援してくれる人がいる限り、守るべき大切な人がいる限り、
私の闘いは続きます。

皆さん、今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。


平成22年7月25日
河西裕介
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

復活

  • 2010年12月13日(月) 12:24:13
  • 奮闘記
復活しました。

僕は今日も生きています。

皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしました。
申し訳ありませんでした。



ただいま。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。