• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

面白そうで面白くない、少し面白いブログ

  • 2010年03月20日(土) 20:46:13
  • 子育て
朝から晩まで性のことしか頭にない異常性欲者ども、

こんにちは。

臭そうで臭くない、少し臭い男、河西です。


先日はすみませんでした。
精神崩壊寸前の極限状態でブログを書いてしまいました。

実はですね、今後の人生を左右する重要な問題を2つ同時に抱え、僕はもう限界でした。
苦しくて、苦しくて。
誰かに助けて欲しかったんだよ。
いっそ死んで楽になりたいとまで思いました。

あれから半月。

僕は、なんとか前を向いています。
今はもっぱら、大ヒットしている桃屋のラー油、あれが食べたくて気が狂いそうです。
いっそ死んで楽になりたいとまで思っています。


…さて。

今日は大きい哺乳類について書きます。

というのも、先日、上野の国立科学博物館に、
「大哺乳類展」
を見に行ってきたんです。

大哺乳類展

大きい哺乳類がいっぱいいました。

ライオンさんもトラさんもゾウさんもバクさんもカモノハシさんもいました。
その中でも、特にブタさんが好きでした。

あとウサギもいましたけど、まあ、ウサギは無視しました。


どの哺乳類も、大きくて大きくて、僕は興奮しました。

いっしょに行った子も、
「大きいね。」
と言って喜んでいました。

僕は、すごくすごく興奮して、
「うん。大きいね。大きい哺乳類って、すごいね。」
と言いました。

その子は、
「うん、すごいね。大きいね。」
と、目をキラキラ輝かせていました。

僕が、
「ブタが特にすごいね!」
と言いましたところ、

その子は、
「オオカミの夫婦の話に感動した。」
と言ってきました。

僕は、
「ちょっとそれは同意しかねる。」
と思いました。

その子はシートン動物記コーナーが気に入ったらしく、

一方僕は、バクとブタとカモノハシに興味があったのです。

そんな好みの違う二人でしたが、意見が一致したのは、
「ウサギはどうでもいいね。」
という点でした。
なんか最後のほうにちょこっと展示してあったけど興味なかったので素通りしました。


そんなこんなで、展示を一通り見た後、おみやげコーナーに行きました。

僕はその子に、「変な3Dでゾウが動く変なやつ」を買ってあげました。
上下に動かすと、ゾウの親子がトコトコ歩くのです。

その子はそれを気に入って、ずっとトコトコ歩かせていました。
「わーい。」
などと言いながら、繰り返し繰り返し、歩かせていました。

赤ちゃんみたいに、無邪気に笑っていました。

僕は、
「大哺乳類展に来て良かったなあ。」
と、心から思いました。


閉館時間ギリギリまで楽しんだあと、
不忍池のまわりを散策して、
御徒町まで歩いて、
やきとん屋さんに入りました。

たらふく豚を食いました。

仕事の話を熱く語り合い、
恋愛の話でドキドキし、
変態オナニー見せ中年の話で盛り上がり、(つーかさ。ドSで陰湿な俺を敵に回すってことがどういうことかわからせてやるよ。マジで。楽しみに待ってろや。てめえに言ってんだよてめえに。クズが。)
もちろん大きい哺乳類の話もして、
おいしい黒糖焼酎をたらふく飲み、
酔っ払い、
気付いたら6時間ぐらい経っていました。

僕たちは、
「え、もうこんな時間なのか!」
とビックリしました。
時間が「アッー!」という間に経っていました。

楽しい楽しい、大哺乳類展でした。

僕はその日以来、大きい哺乳類のことを考えると
「ハァハァ…」
となってしまいます。



…さて。

ここで皆さんに、悲しいお知らせをしなければなりません。
あまりに残酷なお知らせです。
心して聞いてください。












今日の日記は、特にオチがありません。
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

胸がこわれそう

  • 2010年03月08日(月) 20:12:46
  • 奮闘記
病んでる日記を書く人を見ると、あまり良い気持ちはしなかったんだけど、きっとそういう日記を書く人は、苦しくて苦しくて、胸がこわれそうになって、悲痛なメッセージを発することで、誰かに助けてほしいんだと気付いた。

僕は最低だよ。
大好きな人と自分を傷つけたよ。

胸がこわれそう

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。