• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ドーハの秀樹

  • 2009年08月25日(火) 02:13:52
  • 子育て
もう劇の本番が近いのに、今日やっと台本を書き終えました。
いつも台本書くのは遅いのですが、今回は・・・
いや、マジで、本当に危機でした。

なんと、スタッフさんが見に来る通し稽古で、最後まで通せないという失態をおかしました。

役者さん、スタッフさん、この場を借りてお詫び申し上げます。


少しだけマジメな話をすると、今回は本当に執筆がつらかった。
自分がこの劇で何を表現したいのかわからず、おもしろいと思えないまま書き進め、書き直し、酒に逃げ、稽古場にも行かず、行っては謝り、書く意欲を失い、稽古も身が入らず、ああ、俺この仕事向いてないんだと思い、でも辞めるわけにはいかず・・・

そんな中、ブランキージェットシティーとミッシェルガンエレファントと越路吹雪さんが、台本を書く力を与えてくれました。
音楽の力はすごい。

今回は、絶望の演劇です。
僕たちのことを見下した最低のクソ人間に、ラブレターを突きつけるための公演です。
見てろよ、クソ豚。
俺は見下されるのが一番嫌いなんだよ。




おっと。
マジメなことをブログに書くのはヘドが出ますので、
ここからはお寿司の話にします。



先日、まさかの一人回転寿司をしました。
伝説の激安回転寿司、
「おたる寿司」
に行きました。

「おたる寿司」
は一皿95円という、伝説の低価格でお寿司を提供してくれます。
なので、僕は、
「お寿司が95円なんて、ただの都市伝説だと思っていたら、ななな、なんと、現実にそんなお店が存在したのだなあ!!ビックリ仰天だなあ!!」
と、独り言を絶叫しました。


隣にいた人が不審そうに見てきたので、
「しーましェーン!」
と、お茶目に謝罪しました。

(注:お寿司につきものの「お茶」と、「お茶目」がかかっています。)

(注:多摩地区の人がよく使う「タマチカン・ジョーク」)


「さあ、今日は何をはじめに食べようかなあ、やっぱり大トロサーモンかなあ、それとも真アジかなあ、意表を突いて、納豆軍艦なんてどうだろうか!」
と、実際に声に出して叫んでいましたところ、隣の席の人が、
「いったい、誰の意表を突く気だよ!」
とツッコミを挿れてきやがりました。

しかし、人見知りの僕は、




それを黙殺しました。

(注:鈴木貫太郎内閣は、ポツダム宣言をいったん黙殺しましたが、それを想像してくだされば、僕の心情が理解しやすいでしょう。)


隣の人は、哀しそうな瞳で僕を見つめてきました。

そこで僕は、店員を呼び、
「席を替えてください。」
と言いました。

なぜなら、
「そんな瞳で僕を見つめられると、別れのセリフも飲み込んでしまいそう・・・」
と思ったからです。

(注:賢明な読者諸君ならすでにお気づきだろうが、もちろん、思っただけでなく、声にも出したよ。)

(注:ケミストリー)


そして、席を移動するついでに、
「そうだ、席を移動するついでに、セルフサービスのお水を汲もう!」
と声に出して言い、なんと!!!
実際に!!!
お水を汲みました!!!!

(注:お水って言っても、水商売じゃないよ(爆笑))

そして席に着いた僕は、
おしぼりで手をふきふきし、
お水を一口飲み・・・


一皿目のお寿司に手を伸ばしたのだ・・・!!








つづきは、演劇『ドーハの秀樹』にて!

↓以下参照



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


国分寺大人倶楽部
第5回公演
『グロテスク』

「いいですかぁ、先生はぁ、君達のことがぁ、大嫌いです。」

個人経営の学習塾。「お父ちゃん」と呼ばれ、皆に慕われる塾長。
いっしょに暮らす「ユキちゃん」は、頭の病気で言葉が不自由。
毎年恒例の夏合宿のその日、「ユキちゃん」が「お父ちゃん」を殺した・・・

国分寺大人倶楽部、1年ぶりの本公演。
テーマは「愛・青春・死」そして「信仰」。

【脚本・演出】河西裕介

【出演】上田勝也 江ばら大介(elePHANTMoon) 笠井里美(ひょっとこ乱舞) 後藤剛範(害獣芝居) 佐々木潤 森準人 和田菜美子 桑原一樹 大竹沙絵子 林弥生 加藤岳史(ジャズ) 望月綾乃

【タイムテーブル】
9/2(水)19:30☆
9/3(木)19:30☆
9/4(金)14:00☆/19:30☆
9/5(土)14:00/19:30
9/6(日)14:00/18:00
※☆の回は、終演後、短編『ドーハの秀樹』(約10分)を上演します。

【会場】
王子小劇場

【チケット】
前売2800円/当日3000円
(日時指定・全席自由)

【公式ホームページ】
国分寺大人倶楽部


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



いやあ、

我ながら、今日の日記はひどいな。笑
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ウホッ!いい演劇・・・

  • 2009年08月15日(土) 02:47:15
  • 子育て
(今日の日記は元ネタを知らないと、何がなんだかわからないと思います。タイトルを見てピンと来ない人は、以下の動画を見てください。)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm913895

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=210690



「う~~~
演劇演劇」

今 演劇を求めて全力疾走している僕は
小劇場に通う ごく一般的な男の子

強いて違うところをあげるとすれば
演劇に興味があるってとこかナ・・・
名前は道下正樹

そんなわけで 北区にある小劇場にやって来たのだ

ふと見ると 一組の若い劇団が公演をしていた

「ウホッ!
いい劇団・・・」

そう思っていると 突然その劇団員は 僕の見ている目の前で
ツナギのホックを はずしはじめたのだ・・・!

男「(演劇を)やらないか」

そういえば この地域はハッテン場の劇場があることで有名なところだった
イイ劇団に弱い僕は 誘われるまま ホイホイと稽古場について行っちゃったのだ

彼・・・
ちょっと鬼っぽい演出家で
河西裕介と名乗った

演劇の稽古もやり慣れてるらしく
稽古場に入るなり
僕は素裸にむかれてしまった

「よかったのか ホイホイついてきて
俺はノンケだってかまわないで演出しちまう人間なんだぜ」

「こんなこと初めてだけど いいんです・・・
僕・・・国分寺大人倶楽部みたいな劇団好きですから・・・」

「うれしいこと言ってくれるじゃないの
それじゃあ とことん演出してやるからな」

言葉どおりに 彼はすばらしい鬼演出家だった

僕はというと 演技に与えられるダメ出しの波に 身をふるわせてもだえていた

しかしその時 予期せぬできごとが・・・

「うっ・・・!
で・・・出そう・・・
実はさっきから 小便がしたかったんです
稽古場に来たのも そのためで・・・」

「そうか・・・
いいこと思いついた
お前、俺の芝居の中でションベンしろ」

「えーっ!?
芝居の中でですかァ?」

「男は度胸!何でもためしてみるのさ きっといい気持ちだぜ
ほら 遠慮しないで 出してみろよ」

彼はそう言うと 今までやっていた台本を破り捨て
たくましい尻を 僕の前につきだした

「自分の劇の中で小便をさせるなんて なんて人なんだろう・・・」

しかし 彼の固くひきしまったヒップを見ているうちに
そんな変態じみたことを 試してみたい欲求が・・・




【そして公演当日・・・】




「それじゃ・・・やります・・・

は・・・はじまりました・・・」

「ああ・・・次はションベンだ」

「それじゃ 出します・・・」

シャー チュッチュー

「いいぞ・・・舞台上がどんどん濡れていくのがわかるよ
しっかり客席のドアを閉めとかないとな」

「くうっ!気持ちいい・・・!」

この初めての体験は 観劇では知ることのなかった絶頂感を僕にもたらした
あまりに激しい快感に 劇が終わると同時に
僕は小便の海の中で あっけなく果ててしまった

「アッー!!!!!!」

「このぶんだと そうとうドン引きされたみたいだな
客席がガラガラだぜ」

「はあ・・・はあ・・・」

「どうしたい」

「あんまり気持ちよくて・・・
こんな劇やったの 初めてだから・・・」

「だろうな 俺も初めてだよ
ところで 下の告知を見てくれ。
こいつをどう思う?」




「すごく・・・おもしろそうです・・・」




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


国分寺大人倶楽部
第5回公演
『グロテスク』

「いいですかぁ、先生はぁ、君達のことがぁ、大嫌いです。」

個人経営の学習塾。「お父ちゃん」と呼ばれ、皆に慕われる塾長。
いっしょに暮らす「ユキちゃん」は、頭の病気で言葉が不自由。
毎年恒例の夏合宿のその日、「ユキちゃん」が「お父ちゃん」を殺した・・・

国分寺大人倶楽部、1年ぶりの本公演。
テーマは「愛・青春・死」そして「信仰」。

【脚本・演出】河西裕介

【出演】上田勝也 江ばら大介(elePHANTMoon) 笠井里美(ひょっとこ乱舞) 後藤剛範(害獣芝居) 佐々木潤 森準人 和田菜美子 桑原一樹 大竹沙絵子 林弥生 加藤岳史(ジャズ) 望月綾乃

【タイムテーブル】
9/2(水)19:30☆
9/3(木)19:30☆
9/4(金)14:00☆/19:30☆
9/5(土)14:00/19:30
9/6(日)14:00/18:00
※☆の回は、終演後、短編『ドーハの秀樹』(約10分)を上演します。

【会場】
王子小劇場

【チケット】
前売2800円/当日3000円
(日時指定・全席自由)

【公式ホームページ】
国分寺大人倶楽部


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


なにイ?
みに来ないィ?

お前
国分寺大人倶楽部を
どっかのつまらん劇団と間違えてんじゃねえのか!?



しーましェーン!!

コメントを見る(3)

No title by 多摩地区の秘密兵器
>イベントマスターさん

すごく・・・参加したいです・・・
No title by 多摩地区の秘密兵器
>家・出娘救援者さん

いいのかい、ホイホイ家出してきて。
俺は家出娘だってかまわず食っちまう人間なんだぜ?
No title by 多摩地区の秘密兵器
>えりりんさん

嬉しいメアド載っけてくれるじゃないの。
それじゃ、とことんメールしてやるからな。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。