• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

長い日記

  • 2009年06月09日(火) 08:28:21
  • 子育て
むかし、まだ人間が猿のような形をしていたころ、
彼らはセックスをしていました。

なぜそうしていたかと言いますと、セックスをしないと絶滅してしまうからです。

もっと正確に言いますと、絶滅を防ぐための配慮として、神様がセックスを気持ちいいものに設定したからです。
これはもうそういう設定なのだから仕方ありません。

さらに彼らは、生きていくために他の動物を殺し、時には殺されました。同じ種類のなかまを殺す場合もありました。
そうすることが気持ちいいのでした。

これもやはりそういう設定でしたので、特別な理由はありません。








それから何年も何年も何年も経って、人間のようなものは人間になりました。

ある時、あるメスがあるオスを殺しました。

そのオスが、他のメスとセックスをしたからです。

この殺しの理由は少しだけ複雑ですが、やはりこれも設定ということで説明できます。
オスは暴力が得意な設定で、メスは暴力が不得意な設定です。
ですからメスは、オスに自分を守らせる必要があります。
そのため特定のオスが他のメスとセックスをし始めると身の危険を感じ、怒りや悲しみといった感情が湧くように心が設定されているのです。
一方オスは、かわいいメスを守りたくなるように設定されています。
実はこの設定、オスにとっては何のメリットもありません。ではなぜこのような設定がなされたかと言いますと、暴力が苦手なメスとの公平性を保つためです。

ありきたりな言い方ですが、神様は平等なのです。



ちょうどその頃、あるオスとメスがフェラチオを行いました。
はじめは誰もが不思議そうに見ていたといいます。







さらに何年も何年も何年も経って、偉い人とそうでない人が出てきました。

偉い人たちは頑丈な家に住み、たくさんの食べ物と飲み物を持っていて、セックスの相手もたくさんいました。
しかし、実に興味深いことに、彼らは暴力をやめませんでした。暴力をしなくても彼らは絶滅しないのに、です。

神様の作った設定がもはや必要のない段階でした。
しかし設定は変えることができません。
彼らは偉くない人々の首を切り、目玉をえぐり、皮をはぎました。レイプもしました。

一方、偉くない人たちはどうしていたかと言いますと、やはり設定にしたがってあいも変わらずセックスと殺しをしていたのでした。


ちょうどその頃、鞭でぶったり恥ずかしいことを言わせたりする新しいタイプのセックスが生まれました。







何年も何年も何年も経って、国ができました。

ある国の王様は、本当にいい王様でした。国民のことをまるで自分の家族のように思い、常に国民の幸福を考えていました。

実のところ、これはどこの国の王様も同じでした。
もはや乱暴者や悪人は王様になれない世の中になっていたのです。

どの王様も心から自国の歴史と文化に愛着を持ち、それを背負う義務感を持った、名君でした。

あるとき、世界中の王様が悩み苦しむ時期がありました。
名君だからこそ悩み、苦しんだのでした。
彼らはよその国の民を殺すことに決めました。
本当に苦渋の決断でした。

責任、伝統、文化、誇り、愛。
大切なものを守るため、彼らは設定に忠実になることに決めました。
彼らは偉くない人々の首を切り、目玉をえぐり、皮をはぎました。レイプもしました。


そうして世界は壊れそうになりました。

何度も言いますが、世界中の王様はみんな本当に名君でした。







それから何年も何年も何年も経ちました。

設定は完全に封印されることになりました。みんな反省したのです。
人を殺すこと、不特定の相手とセックスすること、これらは悪とされました。
「賢い人たち」が気付いてしまったからです。もはや設定は必要ない、むしろ設定が絶滅を招くということに。

世界は平和になりました。

「賢い人たち」のおかげでしょうか?

実は違います。

「もっと賢い人たち」のおかげなのです。

「もっと賢い人たち」は、お金を払えばセックスやフェラチオができるお店を作りました。
残酷な漫画や映画も作りました。
彼らは頭の中で人を殺し、レイプをしました。
頭の中で内臓をえぐり、人間の肉を食べ、フェラチオを強要しました。

封印された設定たちは、完全にではありませんが、満たされました。

そのシステムが本当の平和をもたらしました。






それから何年も何年も何年も経って、

昨日、僕は女の子とデートをしました☆

映画を観て、おしゃれなカフェでランチをしました☆
夜は僕の大好物ホルモン焼きを食べました☆
超おいしかったよ☆
でも、女の子が酔っ払って椅子から転がり落ちたり、大声で下ネタを話したりして、ドキドキでした☆
最後はカラオケに行って朝まで歌い、くたくたになって帰りました☆






いい一日でしたが、眠る時、僕の布団に女の子がいないのが悲しかったです。







僕はその子のことが、どうしようもないくらい愛しくて、
宇宙で一番大好きなんです。

スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ビッグマウス(巨大ねずみ)

  • 2009年06月02日(火) 12:32:23
  • 子育て
どうもこんにちは、日本で一番おもしろい劇作家河西です。

国分寺大人倶楽部
番外公演
『リミックス』

終演しました。

毎回毎回、公演のたびに大赤字で、マルイのキャッシングでローン地獄に陥り、マルイからの催促の電話を無視し続けているのですが、今回の公演はお客さんがいっぱい来てくれたので大丈夫でした。

ありがとう、マルイ。

ものすごい小さな劇場で、日程的にも短かったのですが、
なんと、
観客動員数が過去最高でした。
「ようやく時代が僕に追いついたんだな。」
と思いました。

今までやってきた公演では、千秋楽までずっと、発狂しそうなほど精神的に追いつめられていたのですが、今回の僕はずっとご機嫌でした。

土曜日ソワレ(夜の回)後のダメ出し(僕が役者に感想を伝える儀式)では、
「今の日本で一番おもしろい劇でした。」
という、あまりに斬新なダメ出しをしました。

もちろん、あまり良くない回は役者を拷問しましたが。(水責め、アナル責め、等)

総じてお客さんからの評判も良かったです。
人気があるのは、順に、
『ハローワークremix』
『メリーremix』
『リバースremix』
『チャイルドプレイremix』
といった感じでした。


『ハローワークremix』
役者さんがすごく上手で、それをうまく使った僕もすごいと思いました。
上質な笑いがちりばめらた、ウェルメイドなコメディーになりました。
「ウェルメイド」ってどうゆう意味か知らんけど。

『メリーremix』
まあ、これはどう考えてもおもしろいでしょう。
台本が秀逸ですね。

『リバースremix』
ストレートな会話劇で、ベタで、痛い、セカチューを目指しました。
これで感動しない人は、感受性が鈍っています。
お気の毒としか言いようがありません。

『チャイルドプレイremix』
狙い通り、これはぜんぜん人気がないです。
一部の人からは絶賛されますが。
これが一番おもしろかったという人とは、お友達になりたくないです。
でも僕はこの作品大好きです。


そんな感じです。

今回の公演を見逃した人は、ちょっと何考えてるか理解に苦しみますが、まあ、気を落とさないでください。
『リミックス』を見逃したことを一生後悔しながら、消化試合のような余生を過ごしてください。

さて、休む間もなく、次のお仕事です。
1年ぶりに役者やります。
「キリンバズウカ」という劇団の『スメル』という作品に出ます。

初めて、リアル系(ポツドール系)じゃない劇団に出ます。
ちゃんとセリフを言います。
声張ります。(たぶん)
一字一句セリフをちゃんと言います。
下ネタはありません。(たぶん)

そんな僕を見れるのは最初で最後かもしれません。

脚本家であり、演出家であり、役者であり、しかも高学歴の、そんな才能溢れる僕をぜひ観に来てください。

学歴の差を見せつけてやります。

(しかし、演出助手の方が東大出身だということを先日知りました。うちの大学の学生は10割が東大にコンプレックスを持っているので、僕も東大コンプが爆発しそうになりました。)

ともかく、ぜひ観に来てください。

(以下の手順を必ず守ってください。)

1.まずは、以下のホームページを見て、興味をそそられてください。

キリンバズウカ公式サイト

2.簡単に予約したい人は、以下のフォームを利用してください。
  自動的に僕の利益になる、おそろしいシステムです。

河西裕介専用予約フォーム

3.「こりっち」が嫌い、という僕のような人は、僕に直接連絡をください。

4.「まだ予定が決まらない」という人は、一刻も早く決めてください。

5.「観に行かない」という人は、自分を恥じてください。


それでは今日の日記はおしまいです。
ご精読ありがとうございました。



常に謙虚でいたいです。

コメントを見る(3)

No title by 多摩地区の秘密兵器河西裕介
>家出BBSさん

それは本当ですか!?
No title by どん
役者としてもどんどん活躍して、いつか蜷川さんに灰皿投げられるようになってください。
No title by 多摩地区の秘密兵器河西裕介
>どんさん

ありがとうございます。
あなたはどなたでしょう?お知り合いかな?
蜷川本人かな?
ともかく、応援ありがとうございます!

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。