FC2ブログ
  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

ビタミンちくわ

  • 2019年03月18日(月) 09:43:54
  • 子育て
ブログを再開しますと言ったくせに、
さっそく一ヶ月以上放置した、
有言不実行の河西です。

突然ですが、テレビに出ます。

3/18(月)25:29~
日本テレビ
『SKEBINGO!』
https://www.ntv.co.jp/SKEBINGO/

これに、演劇の先生として出ます。

僕が書いた脚本をSKE48の皆さんとガチで稽古しました。
とても楽しかったし、アイドルという職業へのリスペクトがむくむく沸きました。


何はともあれ、テレビの仕事は親や親戚が喜ぶので、
オンエアを楽しみにしていたのですが、




僕の故郷テレビ信州では放送されないとのことです。




悲しみのあまり、眉毛を全部抜きました。



日テレが映る地域の方は、
ぜってえに観てくれよな!!!!!!
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ソビエト蓮舫

  • 2019年01月28日(月) 19:24:29
  • 子育て
こんにちは、俺です。

数年ぶりにこのブログを再開します。
そして、今後はものすごい頻度でブログを書こうと思います。

どのぐらいの頻度かというと、
中学二年生男子があれをするぐらいの頻度です。

これはもうね、
すんんんんんんんごい頻度ですよ。
中学生男子ですからね。
しかも二年生ですよ。
もう、やってやってやりまくってますよ。
1日に7回するなんていう、恐ろしい奴もいますからね!
いやあ、とんでもないですよ。

え?
何をって?

そんなの決まってるじゃないですか。




「コルモンゾフ」
ですよ。









話を本筋に戻しましょう。
(本筋って言っても下ネタじゃないですよ!)

なぜこのブログを再開しようと思ったか。
今日はそれについて書きたいと思います。

一応僕は物書きの端くれです。
文章を書くことがお仕事、自分で言うのも照れますが、プロなわけですよ。
でもね。
ある女性からかけられた一言で、僕はね、
「ああ、とても自分のことをプロなんて言えないな」
と思ったんです。

その女性は言いました。

「河西くん、今日は何を書いたの?」
僕「え?今日は何も書いてないけど?」
「じゃあ昨日は?」
僕「昨日も特に……だって今は本番前でもなければ、〆切前でもないからね。」
「……え、それ、おかしくない?」
僕「何が?」
「サッカー選手が、サッカーしない日ある?野球選手が、野球しない日ある?」
僕「それは……」
「プロっていうのは、そういうことだよ。」


「プロっていうのは、そういうことだよ。」


「プロっていうのは、

そういう

こと













それはまさに青天の霹靂でした。

その日を境に、僕の中で何かが変わりました。

作家は、書くことを止めてはならないのだ。
そうだ、
そうなんだ。
僕は文章を書くために生まれてきたんだ。
書くことを止める時。
それは、河西裕介が河西裕介をやめる時なんだ。



こうして僕は、ブログの再開を決意しました。



……もう、ここまで書けばおわかりですね?

そうです。

その女性というのが、今の、







「コルモンゾフ」です。








それではまた。

(※今日の記事は「ソフモンゾフ」派の人に怒られちゃいそうですね。笑)

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

星読みの魔女ステラ

  • 2018年02月10日(土) 23:34:58
  • 奮闘記
夜。

台本書かなくちゃ、台本書かなくちゃ、
って、パソコンに向かってうんうん唸っていたのだけど、
一文字も進まなくて、
タバコでも吸おうって窓を開けたら、
ベランダに、星読みの魔女がいた。

「あ、こんばんは……」
「キラキラのお星さま~☆」
「ご機嫌ですね……」
「河西くんはつれない顔ね」
「台本がぜんぜん書けなくて」
「そんなのいつものことじゃない!」
「まあ、そうなんですけど……」
「そんな河西くんにプレゼントをあげるわ!」

そう言って魔女は、アンドロメダとポルックスを置いていった。

僕はタバコを吸いながら、

「あー、どうせくれるなら、いなくなってもいなくなっても何度だってよみがえるやつにしてくれよ」

なんて思った。

部屋に戻り、魔女の顔と声とにおいについて考えた。

ちょっとだけ勃起した。
自慰はしなかったけれど。

そういえば去年、『ウロボロス』っていう星についてのお話を書いた。
星について何も知らないのに。

好きな星はアンタレス。
赤い星らしい。
それ以外何も知らない。
アンタレスってどんな星。

ライラックってどんな花。

「あーあ」
僕は冷えた床に横たわる。

夜。

どこまでいっても、ただ、ただ、夜。

僕なんか死んでしまってもいいから、
僕の大切な人に流れ星が届いて、
ずっと泣いちゃうことがありませんように。

おやすみ。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る